これからドラムを始める人が持ってほしい3点セット

どうも、ドラマーのKAZUNです。

これからドラムを始めたい!

そう意気込んだはいいものの「何が必要なんだろう?」
と立ち止まってしまってはいませんか?

今回はとりあえずこれさえあれば
ドラムを始めるのに支障はない3点セットをご紹介します。

1.スティック

ドラムを演奏するために絶対に必要なものです!

近くの楽器店に行って必ず買ってきてください!

楽器店が近場にない…というあなたは通販でも買うことができます。
最近は楽器店の通販もありますし、サウンドハウスという
ミュージシャン向けの通販サイトもあります!

とはいえ、いざ買おうとすると大量のスティックがあって
どれを選んだら良いのか分からなくて戸惑います。

そんな時は店員さんを呼んでアドバイスをもらうか
ヒッコリーという木を使ったスティックを見つけましょう。

ヒッコリーはスティックの素材の中でも特にメジャーで
「迷ったらヒッコリーにしろ」と言われるほどです。

重くも軽くもなく、初心者向けの教則本やサイトなどでも
「ヒッコリーがオススメ!」と紹介されていることが多いです。

僕も最初はヒッコリーを選びました。
VicFirth 5Aというスティックで、定番中の定番なスティック。
今でも時々使っています。

もし楽器屋さんに試奏用のパッド等があれば、買おうと思ったスティックを
実際に叩いてみて具合を見ましょう。

どのくらいの太さ・重さが振りやすいのか。
振った時の感触や音の具合はどうなのか。

「これいいな!」

と思えるスティックを選んでください。

2.チューニングキー

二つ目に必要なのがチューニングキーです。

チューニングキーはドラムセットのチューニング(音程や音色の調整)や
演奏に使うペダルやタムなどのセッティングに使います。

例えばこういった留め具で固定されている時には
チューニングキーがあれば簡単に外すことができます。

逆にチューニングキーがなくて
高さや角度調整ができないなんてことも起こります。

僕はチューニングキーを忘れてしまい
せっかく持ってきたペダルが使えなくなってモチベーションが死ぬほど下がりました……。

買うのであればT字のものよりも
六角レンチとしても使えるタイプをオススメします。

いろんな場面で使えます!

チューニングキーは忘れやすいので、スティックケースや鞄など
絶対に持っていくものと一緒に入れておきましょう!

3.練習パッド

最後に紹介するのが練習パッドです。

自分の部屋で練習がしたい!!
でもドラムセットは買えない!!

という悩みを和らげられます。

ストロークやアクセント移動の練習にも使えますし
コピーする曲を聞きながら練習パッドでイメージトレーニング
という使い方もできます。

練習パッドにも種類がありまして
スネアドラムと同じ大きさのパッドもあれば
膝に乗せられるくらいコンパクトなパッドもあります。

僕がオススメするのは小さいパッドです。

なぜオススメするのかというと

  • 持ち運べるので、スティックさえあればスキマ時間を見つけて練習できる
  • かさばらないので持っていくことに抵抗がない。
  • ライブ前にはウォーミングアップもできる。

こんなメリットがあります。
部屋に置いても場所はとらないので良いことづくめです。

とはいえ、大きい練習パッドが悪いというわけでもありません。

スネアドラムのようにリム(ボルトで固定されているフープ)のついたタイプもあり
オープンリムショットやクローズドリムショットの練習にも使えます。

大きさも実際のスネアドラムと同じくらいなので
スタンドがあればドラム演奏時のセッティングの目安にもなります。

まず自分がドラムを始められる状態になろう

ギターやベースとは違って、ドラムは自宅に置くのが難しい楽器です。

音や振動の対策が必要ですし、お隣さんや家族から文句を言われたりするかもしれません。
練習の時に「迷惑だしなあ……」と感じながらやるのでは楽しくないですよね?
そういった事情がドラムを始めにくい理由の一つでもあります。

まずは自分を「目の前にドラムがあれば演奏できる」状態にしてしまいましょう。
スティックさえあればスタジオでドラムは叩けます。

そして3点セット全てが揃っていれば
スタジオではドラムセット、家では練習パッドを使って練習できます。

これからドラムを始めたい人は、まずこの3点セットを
最悪スティックだけでも買ってください。

読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ドラマーで現在愛知県でサポート活動中。 中学生の頃、CMで偶然「涙のふるさと」を聞き、音楽をやりたいと思うようになる。大学への入学を機にギタリスト志望で軽音部に入るも、ドラムが足りないという理由で先輩に勧められ「ドラム楽しすぎる……」と、ハマりドラムを始める。 部活の引退後に同期から「お前、下手過ぎて1年の時に避けられてたぞ(笑)」と言われるほど下手だったが、CDを作ったりMVを作ったりできるようになりました。 就職したものの、初めて給与明細を見た瞬間に「この時間、全部使えば絶対に好きなことでも生きていけるじゃん!」と思ってしまったおかげで、今はプロミュージシャンを目指しています。 同じステージに立つミュージシャン、見て聞いてくれている人達に楽しんでもらえるようなドラマーになる。 今の一番大きな目標はアニメロサマーライブへの出演です。 現在愛知県でサポート中、初心者向けのレッスン承ります。